fxは簡単な為替取引です

fxという言葉を聞いたことがあるひとはおおいのではないでしょうか。
FXというのは外国為替証拠金取引のことで、簡単にいってしまうと、外国の通貨を買ったり売ったりする取引のことです。
特に難しい取引ではないため人気の金融商品となっており、利益を出している人も大勢います。
もちろん損を出している人もいるのですが。
fxで利益を出す方法は大きくいって二つあります。
一つは為替の変動による利益を狙うものでキャピタルゲインといわれているものを狙う方法と、スワップといわれている金利のようなものを狙う方法の二つがあります。
そこでこの二つについて解説していきます。
まずはキャピタルゲインを狙う方法ですが、これは為替変動を利用したものになります。
為替変動というのは、外貨を売買する時の交換比率が変わることをいいます。
つまり、外貨を買ったり、打ったりするときの交換比率は一定ではなく、常に動いているということです。
これを変動相場制ともいいます。
ニュースなどで円高になったとか、円安になったとかいわれているのは、この外貨の交換比率が変わっているためにこのようなことがおこります。
ですから、円高になるのか、円安になるのかを予想して、外貨を購入、もしくは売却し、予想通りに為替が変動すればキャピタルゲインといわれる利益を得ることができますし、逆に動けば損となり、キャピタルロスといわれるような損益が発生することになります。
為替は日々に変動しており、さまざまなニュースなどによっても変動しているため、日々のニュースなどをチェックする必要があるかもしれません。
そして、つぎが、スワップといわれる金利のようなもので利益を狙う方法です。
これは、各国ごとに、金利が異なることを利用しているものです。
FXは外国の通貨を購入、もしくは売却する取引なのですが、各国ごとに金利がことなっています。
ちなみに今の日本はゼロ金利政策です。
国によっては金利数パーセントもあるようなところもありますから、そのような国の通貨を購入するとスワップといわれるような金利をもらえるのです。